スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズ オブ ゼスティリア 

テイルズ オブ ゼスティリア

バンダイナムコゲームスのテイルズ最新作のテイルズ オブ ゼスティリアのPV動画。
今作は情熱をテーマにした内容だそうでゼスティリアとはそういう意味がある。
テイルズシリーズも20周年を迎えたそうで、最新作にふさわしいかどうか疑問だが
PS3での発売なので何だかガッカリ感は拭えないものもあるざんすね。

バンダイナムコゲームスのキャラクター商法といったらかなりのもんだが、
ゼスティリアも発売後にはじゃんじゃんグッズ化されることであろう。
まあPS4とかで完全版が発売しそうな気もするので、待ちモードになるユーザーも
いるとは思うが、リメイクや移植版をやり過ぎたような気もするっすね・・・

今回は戻りあふれるグリンウッド大陸という所が舞台で、天族と導師の物語。
二国の戦争により負のエネルギーが憑魔となってモンスター化する人間や魔物が
うようよしているファンタジーものになっているらしい。
導師スレイ君は天族と協力して世界を救う冒険活劇といったところだろうか。
天響術もバンバン使えてスーパーマン気取りだが、一般人からはそうでもないとか。
≫このゲーム・アニメ映像を見る

サイコブレイク 

サイコブレイク
タンゴゲームワークスのサイコブレイクのトレーラー動画。
バイオハザードのディレクターとして知られる三上真司のゲームです。
カプコンを退社した理由も気になるところだが、日本でサバイバルホラーを
ゲームで作り出したのはこの方なんだろうか?

サイコブレイクでは精神病院が舞台で、予測不能なドラマが複雑に絡む、
絶望と恐怖の中を生きる内容らしい。
やっぱりゾンビのようなクリーチャーがうろうろして戦うことになるけども
得られる弾が少ないようで難易度は高めなのかもしれない。
背後から近づいてナイフでザシュと倒せるがマッチで燃やすところは
バイオハザード0の名残があるのだろう。

主人公は刑事をやっているセバスチャンで、同僚のジョセフやキッドがいる。
プレイするのはセバスチャンばっからしいから、
サブキャラは結局クリーチャーに襲われる場面が多そうだ。
日本ではCERO ZにするにはゴアモードDLCが必須なので予約で
見逃してしまうと大変なことになりそうか。
≫このゲーム・アニメ映像を見る

Watch Dogs 

ウォッチドッグス
ユービーアイソフトの新作ゲームのウォッチドッグスのストーリー動画。
アクションゲームのオープンワールドで、どことなくGTAシリーズに似ているとこもある。
やっぱオープンワールドは自由に店に出入りしたり、乗り物を乗り回したりできるので
自由度の高さが売りだろうか。プラットフォームがPS4とXbox One対応なので次世代機だ。

主人公のエイデン・ピアースはハッキングを武器に戦う内容。
wi-fiをハックして家の中まで見れたり、各市民の個人データまで設定されてるので
一体どこまでリアル世界があるのだと驚かされるものがある。
GTA5と比較するとやれることの幅が多く、マルチプレイが面白けりゃ神ゲーか。

スマホメニューなんかも多機能でミニゲームが散りばめられている。
DLCなどはどこまで配信されるか気になるが日本版はどこまで対応するかだな。
初回・予約特典にしても国内とは違いがあるので日本は優遇はされなさそうw
Tボーンとジョルディがいい味出してるが、サブキャラなので活躍するかは微妙か…
つか、Watch Dogsと聞くとワン公を想像するわ。
≫このゲーム・アニメ映像を見る

インファマス:セカンドサン 

インファマス セカンド サン
inFAMOUSシリーズのインファマス:セカンドサン
第3作にしてようやく主人公が入れ替わってデルシンになった。
シアトルを舞台にしてコンジットの能力を使いD.U.P.と戦うのが
主なストーリーとなっている。
PS4専用のソフトなのでそれなりに映像はきれいにできてるな。

はじめに覚えるスモークの能力は炎を操ってるみたいに見えたが
あれは煙にして飛んでいる模様。
発熱させることにより煙が赤くみえてファイアーぽくなってるのかもね。
縦横無尽にシアトルを移動できるのが面白みか。
ネオンはレーザービームになってるし能力切り替えバトルもの。

PS4本体が発売したばっかだし、まだまだPS4ソフトが発売しない時期だが
海外輸入ソフトでここ何年かはしめそうか。
輸入版だと翻訳するのに時間がかかるので、1~2月は送れる。
もっとも国産ソフトを発売してほしいところだ。
≫このゲーム・アニメ映像を見る

龍が如く 維新 

龍が如く 維新のロゴ
セガから発売の龍が如く 維新のストーリートレイラーの動画です。
本作の主人公は土佐出身で剣の達人という設定。
坂本龍馬と斉藤一の役柄が桐生一馬がやり遂げるので史実もクソもない。

物語の舞台は幕末で、事の発端は親代わりであった吉田東洋が暗殺されて
龍馬が特異な剣術のヒントに犯人の手掛かりを探すという内容。
それで京の街で身分を隠すために斉藤一という新選組で活動する。
剣術修行を受けてたので、それで剣の達人なのだろう。
もっとも1年道場で剣術を受けただけで達人になるものなのか…?

真犯人の新選組の内部からあぶりだすといっても、
史実なら武市半平太になるんだと思うがw
男たちの熱い骨太なドラマとやらでカバーしきれるかどうかだな。
ヤクザ・チンピラものなので毎度なんとでもなったりするかw

新たにPS VITAとの連動でやり込み要素になった龍が如く維新だが、
どのくらいボリュームなのかが気になるぞ…
大変すぎず楽しめる程度ならいいが、
ミニゲームが結構マゾかったりすんだよなー
≫このゲーム・アニメ映像を見る

ライトニング リターンズ FF13 

ps3、xbox360ソフト、スクエニのファイナルファンタジーシリーズである
ライトニング リターンズ FF13のトレーラー動画です。
なぜFF13シリーズが第3作目まで伸びた原因がよく分からんのだが、
今回で完結するストーリーとなっている。

メインストーリーを進めながらサイドクエストをプレイして、
世界の寿命を延ばしながらの仕様になってます。
バトルはライトニングがウェアを切り替えながら一人三役をするような感じで
アクションゲームに似たような展開で遊べます。
共にバトルに加わるのはファングくらいで一部の戦闘のみ。

豊富にあるウェアとアビリティを吟味してスタイリングした遊びがバトルの主かな。
ライトニングリターンズでは時間制限があるので、
気になる人は出てくるが1周目までのギスギスした感覚が慣れるかどうかじゃろうか。
なんにしても神様のブーニベルゼを倒して完結だが、
神様のいない世界ってどうなってんだか…
≫このゲーム・アニメ映像を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。