スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンテンドースイッチのARMS(アームズ) 

任天堂のARMS(アームズ)

任天堂が開発のニンテンドースイッチのARMS(アームズ)の動画です。ルフィーのように腕が伸びる格闘ゲームといった感じで、ボクシングというかシューティングゲームのような感覚すらする新感覚のスポーツゲームなんだとか。腕に装備するアームとファイターを選んで開始するタイプなので、まあとっつきやすいゲームとはいえるが、格闘ゲームのように反射神経要素はあまり必要無いような感じだった。とはいえアームが戻ってくるのは遅めなので、どこぞにファイターが動くか予想を立てた読み合いが求められるゲームとも言えるかな。

基本はパンチ、ガード、投げ、必殺ラッシュ、ダッシュをうまく操作しながら、チャージパンチで属性攻撃を繰り出すかの小さな駆け引きだが、慣れてくると回避が優先されてパンチを当てることが難しくなってくるゲームだった。もっとも操作性はJoy-Conでプレイしなくとも、Proコントローラーで遊んでみたりとかやり方はいくつか用意されているので自分に合う操作方法で遊ぶのが一番だな。

最近までは先行オンライン体験会が開催されてたが、1時間とはいえ結構遊べる感じだった。人気は同社のスプラトゥーン2にもっていかれそうな勢いを感じるが、新規IPをなかなか作らない任天堂にしては頑張った方だろうか。いずれにしても人気が出れば、またアームズのアミーボ化でもするんだろう。試合自体は短く手短で、マッチングの時間も速いのでそこまでローディングなどにおいても不憫に感じることはなかった。ただARMSファイターやステージの地形により有利不利が出て来る感じのゲームだな。



アームズがどんなゲームなのか操作方法を含めて紹介している動画です。基本操作はこれを見れば大体分かるだろうとまとめてある映像だった。ファイターとアームとの組み合わせ数は数千通りにも及ぶというのだから何かと熱いバトルになりそうだ。1人でも4人でもワイワイ楽しめるという感覚がいいのかもね。また世界中のユーザーと戦うランキングマッチなんかが燃えそうだな。



こちらは海外任天堂がARMSをプレイしている対戦動画。なにか男性側が負けているイメージしかないんだが手加減でもしているのだろうか?キッドコブラのコマボードのステージで闘っているが、ああいったギミック要素が戦いに響いてくるのだとしたら、案外大変そうかもね。まあロボ犬とバイトのコンビネーション攻撃も対処しにくそうなところがあるかな。アームの決め方による重要度は実に高そうな印象があるわ。

ニンテンドースイッチのARMS(アームズ)のコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。